カンジダ菌とは

カンジダ菌とはどのような菌なのか

カンジダ菌とはいたるところにいる細菌です。
空気中に浮遊している場合もあれば、私たちの体の中にも存在しているのです。
口から喉にかけて、消化管、皮膚、女性の膣の中などいたるところに存在しています。

そしてカンジダ菌は、体中のいたるところに他の微生物と一緒に生息しているのです。
人間にすれば、カンジダ菌は、それほど特別な菌ではありません。
誰もが普通に持っている菌といえるでしょう。

カンジダ菌など、いろいろな種類の菌が安定したバランス状態にあれば、何も心配は要りません。
当然、カンジダ菌の一種である「カンジダ・アルビカンス」に脅かされ、
膣カンジダを発症してしまうこともないのです。

カンジダ菌の特性と膣カンジダの発症

健康な体をしている時には全く問題はないのですが、ひとたび体調を崩し、
体の抵抗力が極端に弱くなってしまうと、他の菌を押しのけて、
カンジダ菌はどんどん繁殖を拡げていってしまうのです。
弱っているところに漬け込んでくるのがカンジダ菌なのです。

カンジダ菌が繁殖し、炎症を広げていけば、膣カンジダに発症してしまいます。
膣カンジダに発症すれば、白いドロドロしたおりものが大量に出てきます。
また、異臭を放つようにもなります。
症状が進めば、痛みやかゆみも出てくる厄介な病気です。

カンジダ菌は増殖することで、異臭を放つ特徴があります。
そのため、膣カンジダを発祥すればおりものの臭いが強くなるのだと考えられます。
膣カンジダに悩んでいる女性は多いようです。

早期発見に役立つ膣カンジダ検査キット

STD Checker TypeF
性病検査キット

自宅で採血して郵送すればあとは待つだけ。
自分で簡単に膣カンジダの検査が出来ます。
わずかな心当たりがありながら不安な日々を送るより、
まずは自己検査をしましょう。
誰にも知られることなく正確に行うことが出来ます。
ネットで結果を見ることもできますよ。