女性と膣カンジダ

膣カンジダは女性なら誰もがかかり得る病気

膣カンジダは、女性特有の病気です。
膣カンジダの原因となる「カンジダ・アルビカンス」は、カビの一種で、膣内に住み着いている菌です。
誰もが持っている菌なのです。
体のバランスが崩れたり、健康状態が悪化した時、抵抗力が弱っている時に、感染してしまいます。

膣内には、通常、デテールラインかん菌という菌がいます。
この菌がしっかりと働いてくれているおかげで、カンジダ・アルビカンスがいても、
膣カンジダになる恐れはないのです。
しかし、体が弱っている時には、デテールラインかん菌も弱ってしまいますので、
カンジダ・アルビカンスが増殖し、膣カンジダになってしまうのです。

膣カンジダの原因としくみ

風邪を引き、治療のために抗生物質を飲み続けることも、
カンジダ・アルビカンスを増殖させる要因となってしまうようです。
風邪を引いた後に、膣カンジダになる人は結構いるようです。
膣カンジダは、女性特有の病気ですので、
性交渉によって男性からもたらされるものがすべてではありません。

性交渉をすることで、膣内にあるカンジダ・アルビカンスの菌が膣の奥に押し入れられることで、
膣カンジダになっていくのです。
女性は膣カンジダになることで、おりものが増えていきます。
いつもとは違ったおりものの量におかしいと気がつく場合もあります。

しかし、おりものの量が増えたことに気がつかなければ、そのまま膣カンジダは放置されてしまうでしょう。
その後、症状が進み、かゆみや痛みが出てきて膣カンジダと分かる人もいるようです。

早期発見に役立つ膣カンジダ検査キット

STD Checker TypeF
性病検査キット

自宅で採血して郵送すればあとは待つだけ。
自分で簡単に膣カンジダの検査が出来ます。
わずかな心当たりがありながら不安な日々を送るより、
まずは自己検査をしましょう。
誰にも知られることなく正確に行うことが出来ます。
ネットで結果を見ることもできますよ。