膣カンジダ 治療法

膣カンジダと診断されてから治療までの流れ

膣カンジダに感染してしまった場合、婦人科を受診することになるでしょう。
では、受診した婦人科では、どのような治療法が行われるのでしょうか。

婦人科で膣カンジダと診断されれば、すぐに治療が開始されます。
膣カンジダは、膣内に存在しているカビの一種の細菌が原因で感染していきます。
性感染症の一つに考えられていますが、性交渉によって感染するだけではなく、
体の健康状態が良くない時に感染するときもあるのです。

膣カンジダを治療する場合、まずは、膣の中を洗浄することから始めます。
膣内を清潔にするために、洗浄を行うのです。
膣内の洗浄をした後は、抗真菌剤を膣の奥に挿入します。

膣カンジダの症状が重い場合と再発

症が外陰部にも及んでいる場合の治療法としては、軟膏を使います。
炎症を起こしている部分に軟膏を塗ることで、症状は和らいでいくでしょう。
軟膏を塗り始めると、3日から5日もすれば、症状は治まり、楽になっていきます。

膣カンジダの治療法は、大体10日から2週間ほど掛かります。
膣カンジダの治療法は、膣カンジダが根絶するまで徹底的に行われます。
中途半端な治療法で終わっていると、またすぐに再発してしまうからです。

膣内の洗浄や難航だけでは、不完全だと考えられた場合、治療法として、内服薬も出されます。
膣カンジダの症状が進み、炎症が悪化している場合に、内服薬が使われるようです。
婦人科の医師の言いつけをしっかりと守って治療を行えば、完全に治すことが出来るのです。

早期発見に役立つ膣カンジダ検査キット

STD Checker TypeF
性病検査キット

自宅で採血して郵送すればあとは待つだけ。
自分で簡単に膣カンジダの検査が出来ます。
わずかな心当たりがありながら不安な日々を送るより、
まずは自己検査をしましょう。
誰にも知られることなく正確に行うことが出来ます。
ネットで結果を見ることもできますよ。